0から始めるSwift! [Part11] 〜TabBarController〜

猛暑で溶けてます。
頭も溶けてます。
そんな中で撮った動画なのでどうかお許しください。。。笑

今回はTabBarCobtrollerを使ってみました。
実はTabbed Appだったんですけどね(汗)

↓↓↓↓動画を見た方、こちらです!↓↓↓↓

使用する配列


let colors: [UIColor] = [UIColor.brown,UIColor.darkGray,UIColor.blue,UIColor.magenta, UIColor.purple,UIColor.orange,UIColor.red,UIColor.green,UIColor.cyan]


let cellNames: [String] = ["北海道","青森", "岩手", "秋田", "山形", "宮城", "福島","新潟", "富山", "石川", "福井","長野","岐阜","山梨","愛知","静岡","栃木","茨城","千葉","東京","神奈川","埼玉","群馬","京都","大阪","滋賀","奈良","三重","和歌山","兵庫","岡山","広島","鳥取","島根","山口","愛媛","徳島","香川","高知","福岡","佐賀","長崎","大分","熊本","宮崎","鹿児島","沖縄"]

 


 

今回のまとめ

arc4random
swiftのランダム関数の一つです。
arc4random_uniformを使うことによって乱数の範囲を設定できます。
私の勉強不足だったんですが、普通にrandom()という関数もありました。
色々な諸事情によりarc4randomを使う人が多いみたいですが…
普通にアークって呼んで大丈夫そうです笑

 

appearance()

外観の変更メッセージをクラスの外観プロキシに送信することによって、クラスのインスタンスの外観をカスタマイズできます。

ということらしいです。
既にあるオブジェクトの外観を変更することはできないので
この関数を使って変更する。という感じでしょうか
グーグル先生に聞いたら、TabBarに限らずいろんなオブジェクトに使用してました。
そのうちまた使うかもです。

 

つまづいたこと

いつも通りの読み込み忘れが主な原因です。
とにかくUserDefaultですよ!(理不尽)
語りたいことは山ほどあるんですけど、次回にもかぶってくるのでネタ切れしないよう取っておきたいと思います。
代わりにおまけつけときます笑
 

おまけ

これ、ここだけの話なんですけど
練習で作ってた時、実はTabBarControllerで作ってたんですよ。
動画撮ってる最中に
「あれ?こんなの使ったけ?」
って気づいたんですけど
何せ、UseDefaultで時間浪費してたし、
夜中なので時間的にもうアウトでして、そのまま撮り続けたんですね。はい。
そんなこんなで撮り終わった時の総時間は

1時間

これ15分以内か。って固まった私は悪くない笑
いつもこんな感じでグタグタ撮って編集してます笑

次回、TabBarの続きで作成できるよう頑張ります!
ぜひ次回も見てみてください!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です